産婦人科とかかりつけ医

 先日子宮筋腫の手術をしました。その患者さんは未婚で筋腫のみを
摘出しました。(子宮筋腫核出術)私は開業医で自院では
入院施設がありませんので患者さんは提携病院へ入院していただき
提携病院の先生と手術をしました。退院後はまた自院で診させて
いただきます。こうすることにより無駄な検査はしませんし、手術で
病状がどうだったかをかかりつけ医としてよく理解でき、その後の
方針が立てやすくなります。勤務医のように数年したらいなくなる
と言うことはありませんので継続性という意味では私は納得できる
ものだと考えています。Photo_4
 このようなシステムを取り入れている病診連携はまだ少ないように
思われます。今後もできるだけ当院の患者さんが手術をされるときには、
その手術に立会い、病状をよく理解してかかりつけ医の責務を果たしたいと思っています。
 

 逆に私をかかりつけ医に選んで頂ければ手術に立ちあわさせて頂きます。
またセカンドオピニオンとしても当院を受診していただければ喜んで説明
させてもらいます。
 妊娠に関しても当院で妊婦検診をして分娩は病院で行い、まだ出産後
お母さんと子供さんをかかりつけ医として健康管理をさせてもらっています。
特に私は、新しく増えていく家族を見れることは楽しみであり、また
子供さんの成長を見られるのもかかりつけ医のやりがいだと考えています。

///////////////////////////////////////////////

〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623
http://www.ishida-iin.com/

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)