« 妊婦と新型インフルエンザ | トップページ | うつ病と職場復帰 »

子宮頚癌ワクチン

 ようやく日本でも子宮頸癌ワクチンが承認され接種可能となりました。

Hpv 子宮頸癌は2008年度ノーベル賞を授与されたツルハウゼン博士がヒトパピローマウイルス(HPV)の感染により引き起こされることを発見しました。HPVに対する免疫(抗体)を作るのが子宮頸癌ワクチンです。このワクチンを接種することで女性が子宮頚癌になる事を予防できます。

日本での子宮癌検診受診率は、23.7%と先進国の中で最低といって良いほど
低いです。アメリカ82.6%カナダ78%と高く、韓国40.6%、メキシコ37.1%となっています。このままで良いのでしょうか。

欧米ではこの病気はMother killerといわれています。日本では25歳から39歳に罹患のピークがあり、まさに小さい子供を持つ母親の世代に多いのです。最近20歳代の女性の子宮頸癌の発症が急激に増えています。

日本では1日7人が子宮頚癌で死亡していることをご存知ですか!

このままではこの病気は日本でのMother killerとなります。そこでこれからの子宮頚癌予防は、ワクチンで100%の効果が出るわけではないので

 1次予防 ワクチンで
 2次予防 子宮癌検診で

ということになります。まずは10歳以上の女子に子宮頚癌ワクチンを接種しましょう。あなたの大切な娘さんや成人女性を子宮癌から守ってください。

///////////////////////////////////////////////
〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623

http://www.ishida-iin.com/

|

« 妊婦と新型インフルエンザ | トップページ | うつ病と職場復帰 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

( ̄○ ̄;)!子宮頚癌恐い病気ですね

>日本では25歳から39歳に罹患のピーク・・・
まさに母親として一番大切な時期に病気になる
最悪のパターン。小さい内から行う病気のワクチン接種。

このような地道な活動を行う先生がいるから
大阪は安心です o(*^▽^*)o

投稿: サギノミ | 2009年11月12日 (木) 22時42分

子宮頸癌多いですね。
主な原因が性交と言われてるけど、性交がないのに発病したとなると、世間から淫らな女と見られるようで、嫌ですね…

投稿: Floribunda | 2009年12月13日 (日) 12時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子宮頚癌ワクチン:

» 子宮頸癌 ヒトパピローマウイルス [今日の話題の事件は!?]
子宮頚癌ワクチン 愛しい日々 原材料は関係ない!? 【主張】子宮頸がん予防 ワクチンも検診も大切だ 20091115 子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチンが厚生労働省に承認され、早ければ年内に接種が始まる見通しだ。 HPVは主に性行為で感染し、女性の約8割が生涯に一度は感染を経験するというデータもある。子宮頸がんは、そのHPVの感染 ... (続きを読む) 【Dr. 石坂の男性相談室】アソ... [続きを読む]

受信: 2009年11月21日 (土) 13時14分

« 妊婦と新型インフルエンザ | トップページ | うつ病と職場復帰 »