« 2008年9月 | トップページ | 2009年9月 »

子宮内膜症治療の最近の話題

本日神戸で開催された近畿産科婦人科学会に参加してきました。そこで講演された子宮内膜症の最新の治療から一部紹介したいと思います。

子宮内膜症は、ご存知だと思いますが生理痛がひどくなったり卵巣、子宮が腫れたりする病気で不妊症の原因になります。
受診患者は20歳台後半から発症し30歳からが多く受診しています。今までも色々治療法があったのですがこの1年の間に
黄体ホルモン低容量ピル(保険適応)の治療薬が発売されました。これらの治療薬はいままでの生理を止めて治療するGnRHaと比較しても同等の治療成績があると評価されています。
Photo_123_2
もちろん手術療法が優先されることもありますがテーラーメイド治療の一つとして確立されたと評価されました。
子宮内膜症は大変再発しやすい疾患でいかに治療を続けるかが焦点になります。上記の新しい治療薬は継続しやすいのが特徴です。

特に若年者の場合、病変が進行すると不妊症になりますので早めに受診して治療することをお勧めします。

///////////////////////////////////////////////

〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623

http://www.ishida-iin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年9月 »