« 妊娠と喘息 | トップページ | 子宮内膜症治療の最近の話題 »

妊娠・授乳と喘息の治療薬

妊娠中は喘息を良い状態に保つ必要があると前回の

ブログに書きましたが、今回は喘息の治療薬について

書いてみます。

 喘息の治療は大きく分けて

  1.発作治療薬(リリーバー)

  2.長期管理薬(コントローラー)

 に分かれます。

 治療の基本はまず発作がおこればまず

リリーバーとして気管支を拡張する薬をつかい、コントローラー

としてステロイドを使用します。ステロイドと聞くと妊娠中は

大丈夫なの?と思うかもしれません。もちろん必要がなければ

使わないにこしたことはありません。でも必要あれば使っても

大丈夫です。特に吸入薬なら安全性が確立されている種類が

ありますので主治医から投薬されたらきちんと吸入してください。

 妊婦さんには、抗アレルギーの服薬はお勧めしませんが、

アメリカの安全基準で一部使用できるものがあります。それでも

効果が確実なのはむしろステロイドの方なので主治医が必要

と判断したら使用してください。お母さんの喘息の重症度に合わせて

アレルギー専門医が指導してくれると思います。

 Photo

 授乳中に喘息薬をどうしたらいいの?とよく患者さん

に聞かれます。たしかにお母さんが薬をのむと母乳に

薬が移行されますが、その割合は

わずかに1%以下です。従って喘息の治療でどうしても吸入や服薬が

必要なときは主治医の処方に従ってください。子育てに母親が健康で

あることは言うまでもないことです。うまく薬をつかって喘息を

コントロールしてください。

///////////////////////////////////////////////

〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623
http://www.ishida-iin.com/

|

« 妊娠と喘息 | トップページ | 子宮内膜症治療の最近の話題 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠・授乳と喘息の治療薬:

« 妊娠と喘息 | トップページ | 子宮内膜症治療の最近の話題 »