« 2008年4月 | トップページ | 2008年9月 »

ターミナルケア(看取り)

 私はホームドクター(かかりつけ医)としてターミナルケアも大変重要な仕事として考えています。今まで数多くの人の最後に立ち会いました。人が人生の終末期にどこで、誰と過ごしたいかは人それぞれでしょう。そして中には家で、できるだけ長い時間あるいは最後まで過ごしたい、また家族に見守られて看取られたい(在宅死)と希望される患者さんは数多くおられます。これらの要求に答えて行くのがかかりつけ医の仕事です。Photo

 人は生まれたときから死ぬことが運命付けられています。従って人はどう生きるのかがもっとも重要な課題であり、そこからどう死ぬのかを考えていく必要があると思います。不治の病にかかったときに、病院から離れて家族とともに住み慣れた家で最後の時間を有意義に過ごす、そんな当たり前の死を家族や地域の住民そしてかかりつけ医や看護師たちとともに当たり前に看取るという状態をつくりたいと思い病診連携による在宅ターミナルケアをおこなっています。どうしても最後が不安という家族には、本当の最後だけ病院で過ごすという選択もあります。

 すべてのかかりつけ医がターミナルケアをしているわけではありません。しかしあなたの近くに必ずターミナルケアをしてもらえる主治医がさがせると思います。入院している病院の医療相談科(病診連携室)に相談されたら良いと思います。

///////////////////////////////////////////////

〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623
http://www.ishida-iin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年9月 »