« 命の大切さ | トップページ | ターミナルケア(看取り) »

子供のメタボリックシンドローム

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪が増加して腹囲がおおきくなり、なりさまざまな病気(高血圧症、心筋梗塞、脳疾患など)を引き起こす要因のひとつといわれています。

 メタボリックシンドロームは、女性よりも男性に多く、中高年や高齢者に多いというデータもでています。運動不足、カロリーの取りすぎなどが原因で、生活習慣を見直さなければ重大な病気にもなりかねません。

 しかし、最近子供のメタボリックシンドロームが増加しています。厚労省研究班が子どもに対するメタボ基準を作成、発表がありました。研究班の調べでは、小中学生でも肥満児なら、5~20%はメタボ基準あてはまる可能性があるということです。Photo

(子供のメタボ基準)
1.腹囲
  中学生は80cm・小学生は75cm または腹囲/身長;0.5以上
2.血圧
   収縮期血圧;125mmHg以上
   拡張期血圧; 75mmHg以上
  中性脂肪
   120mg/dl以上 かつ/またはHDLコレステロール;40mg/dl未満
  血糖
   100mg/dl以上

1を満たし、2のうち2つの項目を満たす場合メタボリックシンドローム
と診断されます。

正しい食事や運動で予防することができます。かかりつけの小児科医に
相談しましょう。

///////////////////////////////////////////////

〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623
http://www.ishida-iin.com/

|

« 命の大切さ | トップページ | ターミナルケア(看取り) »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供のメタボリックシンドローム:

» メタボリックシンドロームの予防って、結局ダイエット? [これはいい]
メタボリックシンドローム 予防 メタボリックシンドロームの予防のため、 40歳以上の検診が義務付けられるようです。 今の基準で言ったら、かなりの数の人が メタボリックシンドロームと診断されてしまうでしょう。 そして予防のために、医師の指導を受けるそうですが、 どうなんでしょうか? もともと、医療費の高騰を防ぐのが、 目的らしいですが、余計に医療費が かさむような気が・・・ メタボリックシンドロームの予防とい...... [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 23時04分

» メタボ「知っている」87%…食育に関する意識調査 [最近の日本の現状解析日記]
でも「食事・運動」継続3割止まり 内閣府は3日、「食育に関する意識調査」の結果を発表した。「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)について、意味まで知っていた人の割合は87・6%で、2007年3月の前回調査から10・3ポイント増加し、政府が06年に策定した食育推進基本計画で、8割以上に周知するという数値目標を初めて上回った。 調査は、全国の成人男女3000人を対象に2~3月に実施し、1745人から回答を得た。有効回収率は58・2%だった。 認知度アップの背景には、健康...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 14時09分

« 命の大切さ | トップページ | ターミナルケア(看取り) »