« 産婦人科とかかりつけ医 | トップページ | 小児と気管支喘息(小児喘息 »

不妊症とかかりつけ医

不妊症とは本来、夫婦が通常のセックスを行い2年以内に妊娠しない場合をいいます。10組に1カップルが不妊症となります。子供ができない原因はいろいろありますが最近はスピード時代なので結婚したり、子供がほしいと思ってからすぐに妊娠しない場合不妊症と訴えて医療機関を受診することが多くなっています。

 男性因子として精子の性状が悪い場合や女性因子で卵管が閉塞していれば2年待つ必要はなくすぐに治療が必要です。そこで産婦人科医はまず障害となる大きな原因がないかを検査し特に異常ない場合ゆっくりを妊娠の機会をタイミングを合わせながら待ちす。

 しかし不妊治療がすべて体外受精を目指している様なふうちょうがありますが決してそうではありません。当院の様に体外受精をしない医院でも人工授精までの治療でかなり女性が妊娠しています。Photo_5
 先日も淡路島から当院(大阪府高石市)に通って頂いた患者様が無事女の子を出産され写真を送ってくださいました。一度せっかく妊娠したのに流産を経験されたので
喜びはひとしおで赤ちゃんに対面したときに喜びで御夫婦で涙を流されたそうです。
 

 この患者様は若いときの結婚前から私の医院に受診され私を主治医と認めていただきそれでご結婚され淡路島からかよって下さいました。私もその信頼に答えようと治療をし無事出産されたのを聞いて責任を果たせて大変うれしく思いました。
 これからも一般不妊治療で地域の不妊患者さんに貢献できればと考えています。

///////////////////////////////////////////////

〒592-0002  大阪府高石市羽衣1丁目10-11 石田医院
TEL:072-261-1313 FAX:072-261-1623
http://www.ishida-iin.com/

|

« 産婦人科とかかりつけ医 | トップページ | 小児と気管支喘息(小児喘息 »

心と体」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊症とかかりつけ医:

« 産婦人科とかかりつけ医 | トップページ | 小児と気管支喘息(小児喘息 »